« スポンサードリンク »
ホーム » 潤った肌

肌に保湿が必要なワケ|基礎化粧品の成分に注目した選び方のコツ

潤った肌とは瑞々しく若々しい肌の事だと思いませんか?
カサカサで潤っていないと、貧素に見え、老けて見えますよね

潤った肌に見せるには保湿のケアが必要なのです!
保湿ケアをきちんとしていればカサカサのお肌にはなりません

ほんとです!

乾燥肌の方なんかはクリームをしっかりつけ
しっとりさせておく事でかゆみを抑えることができます

潤ったお肌を目指すなら、お顔のケアの時に
化粧水を付けたら「はい!終わり!」ではダメです!

そもそも化粧水には必要な成分がたくさん入っていますが
ほとんどが水で混ぜ合わせています

水だけで終わってしまいますと蒸発してしまい
時間が経つにつれまた、カサカサになって乾燥してきます

ただ、べたつくのが嫌で乳液やクリームはぬりたくない!
って方はべたつきの少ない乳液を選び

それでも乳液やクリームが重く感じて嫌な方は化粧水をたっぷりつけ
自然にお顔から出てくる油分で保湿させると良いと思います

よく、「私の肌は油分が多いから化粧水だけで十分なの、でもなぜか乾燥するの...」
って方は化粧水だけで蒸発してしまい保湿ができていないのです

化粧水を付けてはいるけど乳液やクリームでフタ
(水分の蒸発はフタをして閉じ込めることを言う)を
しないでいるので化粧水が閉じ込められず

自身の油では追いつかなくなり乾燥していくのです
油分が多いと思っているのは間違いで補おうとするために
たくさん出てきているのです

若い方で10代から20代前半くらいでしたら
洗顔した後に何も付けなくても

潤いはあるかもしれませんが20代後半からは
きちんとしたお手入れ方法を知って保湿をしっかりし
乾燥を防いでください

保湿を怠るとしわやたるみの原因になりますからね

そもそも肌に保湿はなぜ、必要なの?って良く聞かれますが
私はとても必要だと思います

歳をかさねるごとに元々もっているコラーゲンは減少し
それを包みこむヒアルロン酸も減少します

体内に届けるためにはコラーゲンとヒアルロン酸が多く入った物を
食事でとるようにしましょう!

食事で補えないようならサプリメントやドリンク剤で補う事をお勧めします
体内はもちろんのこと体外は基礎化粧品できちんとしたお手入れ方法で補う事です

ここが大切!商品選び、大切ですよ!

不要な物や石油系界面活性剤などが入った物を使用するのでしたら
何もつけない方がお肌には良いです!

24時間付けているのですから石油系界面活性剤が入った物なんか付けていると
お肌はどんどん老化が始まり何らかの症状が現れてきます

顔に石油を付けているなんて、恐ろし過ぎます!!
保湿は大切ですが不要な物を付けて保湿するなら何も付けないでいる方がましです

油分が多く出る方やカサカサが気になる方は保湿ケアをしっかりし
しわとたるみのない "潤いのある" きれい肌を目指しましょう!

« スポンサードリンク »

Return to page top

需要量
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。