« スポンサードリンク »
ホーム » ファンデーション » ファンデの付け方|メイクのコツは三角ゾーン

ファンデの付け方|メイクのコツは三角ゾーン

厚塗りされたお化粧は老けて見えます!



素肌が綺麗な人は特にファンデーションを選びません
なぜなら、素肌にキメが整い、化粧崩れもしないお肌に満足しているからです

素肌に自信があるとファンデーションで隠すところなんてないですし
化粧のりもいいですから、どこのメーカーのファンデーションを使っても満足なのです

実際、元々キメが細かくて肌トラブルの少ない人は粉だけで十分よ!なんて言います

お粉だけ?(お粉=パウダーのみ)

カサカサっぽくならないのかな〜って思ったりしますが、
大丈夫らしくて羨ましいくらいです

それなら素肌に自信がない人はどうしますか?
ニキビ跡やシミ、たるみまでもあるとしたら隠したいですよね?

隠すには素肌より濃い目のファンデーションを選んで付けて見たり
厚塗りはもちろんの事、避けて通れません(笑)

この隠す作業をファンデーションでしてしまうのがダメなのです!

ファンデーションの厚塗りをすれば確かにお肌の嫌なところは隠せます
でも素肌が見えない分、紙粘土でもつけているかのように堅そうで潤いもありません

もし、かさついていないからと言ったとしても潤っていると言う肌ではなくて、
脂ぎっている肌なのだと思います

個人的な意見ですが、私はカサカサ肌よりは脂肌くらいの方が光っていて
良いのではないかと思うのですが^^

「最近のあの子、脂がのっているな〜益々活躍するぞ〜〜」みたいな(笑)
少し話はそれましたが、厚塗りが老けて見えるのはわかりますよね?

潤いもなく、カサカサしていると笑った時にパキッとシワができてしまい
シワが取れず、シワシワだらけで素肌っぽさもないから老けて見えてしまうのです

どうすれば厚塗りにしていても厚塗りしているように見えないのか
艶のある肌に見せられるのか

まずはファンデーションを付ける時にファンデーションを置く場所なのですが
目の下、鼻の横の三角ゾーンに置きます(三角ゾーンとは一番に目が行くところです)

cont2_2_p.jpg

1番に気になるのがこの場所で、この三角ゾーンさえ毛穴を隠すくらいに付ければ
他は薄く伸ばして、ぼかすように付けていけばいいのです。

お顔全部にファンデーションを同じ量を付けるから厚塗りになってしまい
お面を被っているように見えてしまうのです。

艶を見せるのも簡単です!

リキッドファンデーションやクリームファンデーションなら粉で抑えるのは
Tゾーンと鼻くらいにしておくと頬や他の部分はしっとりしていますから
自然と艶肌になって見えるのではないでしょうか

固形ファンデーションを使っているのであっても同じように付けて
後は手で顔全体を覆ってなじませる感覚で抑えて見て下さい。
少し時間がたてば潤いが出てきて艶に変わっていると思いますよ^^

厚塗りは三角ゾーンのみにして他はぼかす、グラデーションにするといった
付け方をすれば厚塗りに見えないですし、

とても綺麗肌に見せられると思います
どうしても隠したいシミやほくろなどはコンシーラーを上手く使いこなして下さいね^^
« スポンサードリンク »
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前

メールアドレス

URL

コメント

Return to page top

需要量
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。