« スポンサードリンク »
ホーム » 乳液 » 乳液とクリームの違いをチェック|肌質を良くするために

乳液とクリームの違いをチェック|肌質を良くするために

乳液とクリームのそれぞれの良さとは



乳液ってクリーム程、ベタベタしないけど化粧水の後には
付けなさいって言われているけど、どうしてなのかな・・・

それとクリームも冬場なんかは夜のスキンケアには必要と言うけれど
なぜ必要なのかな・・・

はい!お答えしますね!

まず、基礎化粧品としてそれぞれ役割があるのです
例えば、化粧水には水分をお肌に溜め込むために成分中には
水を加えていて、更に蒸発しないように水以外のものを加えています。

使い心地もそれぞれメーカーによって違いはありますが
あまりベタッとはしないです

どちらかと言うとサラッとしていたり、しっとりさせてくれたりしています
メインは油分ではなく水分を入れると考えて作られているかと思います

乳液が必要なのは、お肌には水分と油分のバランスが大事なのです
バランスが崩れているとお肌の状態が荒れたり、ニキビができたりと
トラブルの多い肌質になってしまいます

化粧水だけでも油分は自分の肌から出てくるから付けなくても大丈夫と思いがちですが
油分が出てくるのは水分が出てしまって油分しかない状態になり
出てきている事が多いのです

確かに自然に出てくる油分が多ければ、乳液は必要ないように思いますが
たくさんお顔全体に付けるのではなくて、かさつきやすい目の周りや口回りなどに
薄く付ける事も必要なのです

しっかり油分も与えてあげる事で水分量と油分量のバランスがとれ、
弱酸性の良い肌質になるのです

それではクリームはどうなのでしょう?
クリームは脂っぽい感じがしますし、乳液で十分、油分を与えていると思うのですが・・・

ここで乳液とクリームの違い!!

乳液は油分を補うためでした。
クリームはですね、油分もありますが栄養を与えるためなのです


乳液も水分の蒸発を防ぐためにフタをする役目だと言いますが
クリームは栄養を与え、お顔全体に付けられた基礎化粧品を全て包み込み
フタをして奥へと閉じ込めてくれるのです

冬場は乾燥しやすいから冬場だけクリームを付けるのではなくて
春は乾燥しやすいですし、紫外線が強い時です

夏はエアコンの冷えや紫外線を浴びますし、頻繁に汗を出します
秋は夏の疲れが肌へのダメージをくらいます

全ての季節にクリームで栄養を入れて常に肌の良い状態を保って欲しいですね
少々のべたつきはあるかと思いますが朝起きてからの化粧ノリは
とても良いかと思いますから

乳液とクリームの違いは分かって頂けたでしょうか^^

簡単にまとめると・・・

乳液は油分を入れる
クリームは栄養を入れフタをして良い成分を全て閉じ込めると言う事です

どちらも必要ですので是非、お肌をいたわると思って使って見て下さいね^^
« スポンサードリンク »
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前

メールアドレス

URL

コメント

Return to page top

需要量
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。